報告:8月16日(木)第19回 小倉橋灯ろう流し 司会をShinoがさせて頂きました。
投稿日時 : 2018/08/17

8月17日

第19回 小倉橋灯ろう流し

2018年8月16日(木)相模原市緑区小倉 小倉橋下で開催の”第19回小倉橋灯ろう流し”雨がとても心配でしたが無事に開催することが出来ました


司会をShino。音響を加賀見がやらせていただきました。

Shino
ShinoTOP

加賀見洋平)
加賀見洋平TOP

ogurabashi-image21

◆平成30年 8月16日(木) 第19回小倉橋灯ろう流し◆
18:30 ~ 20:30
司会: Shino
■開会式  :18:30~
■灯ろう流し:19:00~
■花火打上げ:19:45~
※軽食、地域特産品の販売
※篠笛の生演奏(中島恵子さん)

ogurabashi-image2

8月16日(木)AM9:00
旧小倉橋を渡り現場に到着しました=3

急に過ごしやすい天候で、風が強かったので肌寒さも感じます。

ogurabashi-image7-1

◆新小倉橋/小倉橋◆
古くから大山道や津久井往還や水運など東西南北の交通の結節点であったが橋梁はなく、代わりに小倉の渡しが設置されていました。1938年(昭和13年)に陸運の利便を向上させるために建設。
1979年(昭和54年)にかながわの景勝50選、1986年(昭和61年)に相模川八景、1991年(平成3年)にかながわの橋100選、2008年(平成20年)に土木学会選奨土木遺産に認定されています。
参照-Wikipedeia
◆相模川◆
上流の山梨県では、桂川(かつらがわ)、河口近くの下流では、馬入川(ばにゅうがわ)、古くは、鮎川(あゆかわ)と呼ばれた。 富士五湖の一つでもある山中湖を水源とする。相模湖と津久井湖の2つのダム湖を経て、ゆるやかに進路を変え、厚木市からは南にまっすぐ下り、神奈川県中部を貫き平塚市・茅ヶ崎市の境付近で相模湾に注ぐ。
参照-Wikipedia-

ogurabashi-image7-2

早速、準備を開始します。今回Cartonさんは”前戸夏祭り”の現場がある為、加賀見が音響を行わせていただく事になりました。数千人規模のイベントの音響だなんて緊張です…。
※前戸夏祭りには”ジロリアン陸“と”安理沙(ゆめはじ)“をキャスティングさせていただきました^^

ogurabashi-image7

灯ろうを流すために降りる歩道も、朝からユンボで砂を敷いていました。
これは大変な作業ですね^^;
出店のテントも沢山立ち並びます。

ogurabashi-image8

快晴ではありませんが、風の気持ちが良いイベントするには最高の天候でした。

ogurabashi-image9

音響のセッティングも完了。
灯ろう流しのうちわがカラフルで素敵です。
小倉橋と新小倉橋のライトアップを見るのも楽しみですね。

ogurabashi-image10

今日の我々の主役、Shinoさんも到着。
青い浴衣がとても素敵です。
原稿のチェックと機材のチェックを行います。

ogurabashi-image11

通路に置かれたろうそくに火を入れます。
消防隊も警察も常駐しているので、とても安心です。

ogurabashi-image12

午後5:00。
まだ明るいですが、人も徐々に集まってきました♪

ogurabashi-image13

辺りも大分暗くなり、川に浮かぶ”小倉橋 灯籠流し”のライトも見えてきました。

ogurabashi-image14

午後6:20
いよいよShinoさんスタンバイです。
沢山の人が開会式前に集まってきます。
上流の空には黒い雲が発生し、風もひんやりしてきました…。
天候がとても心配です。

ogurabashi-image15

いよいよ開会式がはじまりました。
20名を超える沢山の来賓の方、そして相模原観光親善大使の二方も来られておりました。

ogurabashi-image16

宮嵜委員長の開会の挨拶がはじまったところで、”雨が…”。
降ったり止んだりの微妙な天気でしたが、なんとは本降りにはならずに済みました^^

ogurabashi-image17

ogurabashi-image18

委員長と相模原市観光親善大使、ご来賓方達の”灯ろう流し”で無事に式典が終了しました。

ogurabashi-image19

一般の方の灯ろう流しがスタートし、そこに流れるBGMを演奏していただけるのは、緑区にお住いの”中島恵子”さん。
篠笛という竹でできた笛で馴染みあるPOPSソングを雰囲気良く演奏し、会場を温かい空気で包み込みます。
ファンの方も多く、ご挨拶に来られてました♪

ogurabashi-image20

生まれて初めて観る”灯ろう流し”でしたが、とても幻想的な景色におもわずうっとりとしてしまいました。
<灯ろう流し>
灯籠流し(とうろうながし)は、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆の供え物を海や川に流す日本の行事。とうろう流しや灯篭流しとも表記する。
参照-Wikipedia-

ogurabashi-image21

3000人を超えるご来場者があったとのことで、会場は大賑わいでした。

ogurabashi-image22

Shinoさんも灯ろう流しへの促しに大忙し。

ogurabashi-image23

ogurabashi-image24

灯ろうの写真をとる、ご老人と灯ろうがとても素敵でした。

ogurabashi-image25

花火も上がり、無事に灯ろう流しの終了です。

ogurabashi-image26

お祭りの後って少し切ない気分になりますよね。

ogurabashi-image27

会場では大きなトラブルもなく、無事に任務を遂行させていただきました。
Shinoさんもお疲れさまです。

ogurabashi-image28

片付けが全て終了し、だれもいなくなった会場で、やっと小倉橋のライトアップを堪能することが出来ました。
蒼と翠のライト、そしてそれを写す川面がとても綺麗でした。

ogurabashi-image29

PM10:00
安全運転で帰らせていただきました=3=3

ogurabashi-image30

灯ろう流し。
とても素敵なイベントでした。
こういった地元に根付いたお祭りがあるってとてもいい事ですよね。
お客様の笑顔がとても印象的でした。

また来年も沢山のご来場者様が来られますように。
また、機会がありましたらご協力させてください!

ありがとうございました!

撮影:加賀見
※注)画像の無断使用は禁止されております。

音響はイベントの肝です。イベントのご依頼、ステージ演出及び音響、映像のご依頼お待ちしております^^
あなたのイベントや式典を確実に盛り上げる方法。それは音響です。是非ご相談ください!!


関連記事:
告知:8月16日(木)第19回 小倉橋灯ろう流し 司会をShinoがさせて頂きます。

◆TintRoomでは
イベント
ワークショップ
講習会等々を企画運営。
展示会ブースデザイン・企画・施工・運営。

パフォーマー
クリエイター
モデル
コンパニオン
等のキャスティングさせていただきます♪ご依頼お待ちしております!

◆TintRoomではクリエイターを募集してします!
モデル
パフォーマー
デザイナー
ミュージシャン
ブロガー
占い師
などなど

オファー前のお問い合わせ

オファーするかお悩みの方、オファーに関するご質問がある方はお気軽にご相談ください。
以下のフォームに必要事項をご記入のうえ、送信してください。

  • お名前
  • メールアドレス
  • 電話番号 (任意)
  • お問い合わせ内容