Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

アニメーションダンスの解説!意外な動きがキーポイント

アニメーションダンスの解説!意外な動きがキーポイント

アニメーションダンスの解説!

article18

アニメーションダンスの解説!意外な動きがキーポイント

アニメーションダンスと聞いて、どんなダンスであるか想像や説明ができる方は少ないでしょう。
しかし、マイケルジャクソンが「スリラー」を踊っていたときのムーンウォークやロボットのような動きのダンスといったら想像がつくかもしれません。
そこで今回は、体の筋肉全体をつかって不思議な動きを表現する、アニメーションダンスについて解説します。

●アニメーションダンスとは
アニメーションダンスとは、ヒップホップ、ロボットダンス、ハウスなどに代表される日本のストリートダンスの一つで、リズムに合わせて体の筋肉が痙攣したような動きを見せるポッピングから派生したダンスです。

アニメーションダンサーによってその表現スタイルは様々で、ロボットダンスのような動きをする人がいたり、リズムに合わせて胸や背中の筋肉を弾く動きをしたり、手や肩をウェーブさせたりと、ダンサーによって異なるようです。

一般的なダンスに比べて動きがゆっくりで、踊るというよりは表現したり演技する方に近いかもしれません。

●アニメーションダンスの基本スタイル
アニメーションダンスはポッピングから派生したダンスのため、ポッピングの基本スタイルを習得することから始まります。

1.ポッピングダンスの基本スタイル
・ポップ
胸の筋肉を電流が走ったかのように弾かせる技です。
リズムに合わせて、胸の弾き方を大きくしたり、小さくしたりして使い分けることで表現します。
腕や肘を大胸筋に寄せることで筋繊維が集まり、より筋肉の動きを大きく出すことができます。
この動きは、中に別の生き物がいるように見えるため、見る人を奇妙で不思議な感覚にさせます。

・ウェーブ
指先や、胸、肩などに電流を流すように、波打たせる動きをするスタイルです。
様々な種類があり、指先から手のひらをウェーブさせる「指のウェーブ」、指先から肘まで渦を巻くようにウェーブさせる「トルネードウェーブ」、指先から肘までウェーブさせる「肘のウェーブ」、手で触った箇所からウェーブが順に伝わっていく「タッチウェーブ」などがあります。

・ムーンウォーク
スリラーでマイケルジャクソンがおこなっていた、宙に浮いているように地面を滑らかに移動するスタイルです。

・ブガルー
体の各部位を別々にスイングさせたり、回転させたりするスタイルです。
ロボットダンスがベースになっているので、見た目はロボットダンスがよりリズミカルになったような動きです。
しかし、アニメーションダンスにおいてのこのスタイルは、コマ送りのような動きやウェーブなどの不思議な動きにこだわっており、ポッピングのブガルーとは違ったものに見えます。

・ステップムーブ
ポッピング定番のステップや技のことです。

2.アニメーションダンスの基本スタイル
アニメーションスタイルには、ポッピングの基本スタイルに加えて、ゆっくりとした不思議な動きを特徴とした六つのスタイルがあります。

・ティキング
コマ送りをしているかのように、少し動いては止め、また動いては止めを繰り返すスタイルです。

・スローモーション
その名のとおり、映像をスローモーションにしたような動きをするスタイルです。

・ロボットダンス
ロボットの動きのように、一つ一つをカクカクとした動きで表現するスタイルです。

・スネーキング
ポッピングでご紹介したウェーブや、コブラという技を駆使した、蛇のような動きをするスタイルです。

・キングタット
エジプトの壁画のようなポーズを次々と組み合わせて動くスタイルです。

・タット、ストラット
手で形作った様々な形を、次々と変化させていくスタイルです。

●皇帝心仙人さんのダンスを見てみましょう
文字で見ただけでは、アニメーションダンスの動きの魅力を感じることは難しいでしょう。
よりその魅力を肌で感じたい方は、日本のアニメーションダンス界で有名なダンサーである、皇帝心仙人(こうていせんにん)さんの動画がおすすめです。

皇帝心仙人さんは、世界最大のダンスコンテストで優勝したり、自身が振付、出演したユニクロック(音楽とダンスに合わせて時間を流すユニクロのCM)で、カンヌ国際広告賞を初め、世界三大広告賞を含めた23賞を制覇する快挙を成し遂げた方です。

皇帝心仙人さんのダンス動画はYouTubeでも数多く公開されています。
彼のダンスを見ていると、動画をスローモーションやコマ送りで見ているかのような不思議な感覚に。
さらにポップのスタイルを使った、胸や背中の筋肉をダイナミックに動かすテクニックやロボットダンスは圧巻です。

●まとめ
ダンスというより、映像を見ているかのような感覚に陥るアニメーションダンス。
その魅力は不思議な動きを見て楽しむだけでなく、激しく動く必要がない分、年齢関係なくチャレンジできるところにもあります。
そんな不思議な魅力のあるアニメーションダンスの世界を、あなたも体験してみてはいかがですか。

パフォーマー・モデル・デザイナー等へのご依頼はTintRoomへ

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

columnカテゴリの最新記事