Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

芸能人の「営業」とは?テレビ以外のお仕事について

芸能人の「営業」とは?テレビ以外のお仕事について

芸能人の営業

article9

芸能人の「営業」とは?テレビ以外のお仕事について

●テレビに出演するだけが芸能人のお仕事ではない

芸能人、それはテレビで活躍する人達の総称。
一言で芸能人と言っても芸能人に分類される職業は数多く存在します。
そもそも芸能人は文字通り「芸能を仕事にする人」であり、ざっと適当に芸能人と呼ばれている職種を挙げても
「俳優」
「アイドル」
「お笑い芸人」
「歌手」
などなど

一般的な芸能人のイメージでもこの通り厳密には様々な職業を纏めて芸能人と呼んでいる事がわかります。

さて、そんな芸能人の方々はテレビに出ることだけがお仕事ではありません。
TV番組でトークをする、お笑い番組で芸を披露する、ドラマで演技を披露する。
テレビという多くの人の目にふれる場所以外でも、「営業」という形でお仕事をしているのです。

●営業とは?芸能人のテレビに映らないお仕事
営業とはまず2つに分かれます。
1つは「仕事を取るための営業」です。
基本的にテレビに出ていれば十分稼げるというわけではなく、もちろんそれこそテレビを観ているなら誰でも知っている大御所レベルであれば十分な稼ぎを得られるかもしれませんが、大抵の芸能人はそうもいきません。

仕事は自分で得るもの、そのためには仕事を得るために自分を売り込まなければなりません。
これに関しては普通の営業のお仕事となんら変わりはありません。
強いて言うのであれば、こちらの営業は芸能人個人がやるというよりも、その芸能人が所属している事務所が自社の商品である芸能人を売り込むために行うという事であるということ。

次に「パフォーマンスを披露するための営業」です。
別名は地方営業で、こちらはどちらかというと「個人で行う営業」であると言えます。
主に芸人さんが行う営業で、地方のイベントで芸を披露したりすることが当てはまります。

基本的にはテレビに映る事が無いお仕事です。
それこそちょっとした地方のお祭りに呼ばれたり、学校の行事に呼ばれたりといった事が地方営業に当てはまります。
儲からないかというとそんな事は無く、むしろ知名度次第ではテレビに一回出演するよりも地方営業一回の方が儲かるという事がよくあります。

またオファーを受けなければならないTV番組よりも能動的に仕事を取りにいける上、流行り廃りに厳しいテレビとは異なりある程度の知名度さえあれば行える地方営業はいわゆる「一発芸人」と言われるような方々の生命線です。

「一時期毎日のように観ていたのに、1年くらいで見なくなった」という芸人の方、わりと良く居ますよね。
そういった方々は基本的に営業で稼いでいます。
前述の通りテレビ出演よりも儲かる事がままあるため、売れなくなって貧乏生活になった、という芸人の方は然程居なかったりもします。

●営業として芸能人を呼ぶ事ができる
さて、大まかに営業について解説しました。
営業とはつまるところ「テレビ番組」に映らないお仕事ということ。
ちょっとした学園祭のゲスト、デパートなどで行われるイベント、講演会等が営業案件であると言えます。

テレビのような大きな予算が無くても芸能人を呼べる可能性があるのがこの営業です。
それこそ上記の様に、デパートや企業、自治体が行うイベントにゲストとして呼ぶというような事は十分に可能です。
もちろんどんな芸能人でも呼べるというわけではありません。

営業として芸能人を呼ぶ条件はいくつか存在します。
まず1つ目は「芸能人・事務所とコネがある」という条件。
特定の誰かを呼びたいという場合は、その芸能人本人となんらかのコネがあるか、あるいは所属している事務所とコネがある必要があります。

例えば親族であるとか、あるいはその芸能人の出身校であるとか、その企業のCMに出演したことがあるだとか。
そういったコネがあると特定の呼びたい芸能人を指名しやすいと言えます。

2つ目は「相手のスケジュールに余裕がある事」という条件です。
それこそ人気絶頂中の芸能人なんかはテレビ出演・イベント出演の予定でスケジュールがパンパンになっている可能性が高く、それこそちょっとしたイベントなんかをスケジュールに差し込む余裕なんてありません。

基本的に数ヶ月、場合によっては半年から一年先までの予定が埋まっている場合もあります。
そのため、営業の依頼を出す場合は余裕を持って最低でも3ヶ月以上前から依頼する必要があります。
それこそ一週間後にイベントがあるので来てください、なんて急な依頼は余程スケジュールに余裕のある人でもなければ難しく、そしてそんな人でもイベントで喋ることや披露する芸を考えたり練習したりする時間が少なくて困ってしまいます。

●営業を受けやすい芸能人
営業をメインに行う芸能人であれば、スケジュールをテレビよりも営業の方に取ってるため、営業依頼を受けてもらいやすいと言えるでしょう。
営業を受けやすい芸能人というのはずばり「芸人」の方です。
基本的に芸人という職業はテレビ出演よりも営業がメインであり、テレビ出演というのはあくまでも「名前を売る」という行為であって、極論一度テレビで名前と顔を売ることができたのであれば営業に専念する。
というのもおかしくはないのです。

そのため、芸人は比較的営業として呼ぶことが簡単であると言えるでしょう。
ただ、当然ながら大御所の芸人となるとコネがあるか、余程相手の興味を誘うような内容でもなければ難しいでしょう。

●まとめ
以上、芸能人の営業について解説していきました。
芸人さんは営業をメインにしているため、比較的営業に呼びやすく逆に有名所やテレビ出演がメインの方は呼びにくいため、営業で誰か呼びたいという人は参考にしてみてください。

パフォーマー・モデル・デザイナー等へのご依頼はTintRoomへ

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

columnカテゴリの最新記事