Tint Room クリエイター募集中/クリエイター一覧はコチラ

キャンペーンガールズの歴史!いつかなくなる職業?

キャンペーンガールズの歴史!いつかなくなる職業?

キャンペーンガールズ

article1

キャンペーンガールズの歴史!いつかなくなる職業?

キャンペーンガール、通常はキャンギャルと呼ばれていますが、いつから始まったのでしょうか?イベントやカーレースなどで女性の方が立つようになったのは歴史があります。
(レースクイーンもキャンギャルと言えばキャンギャルです)

皆さんに、キャンペーンガールの歴史をご紹介します。

●キャンペーンガールの始まり キャンペーンガールの定義にもよりますが、日本で最初のキャンペーンガールは前田美波里さんだと考えられています。

資生堂が1966年に、キャンペーンのために起用しました。このときからキャンペーンガールは増え始め、バブル期までは増殖の一途をたどります。

・キャンペーンガールと時代の変化 時代が変わり、女性も社会進出するようになってくると、キャンペーンガールは減りまし た。昔はビールはもっぱら男性が飲むものでしたが、女性も嗜むようになりました。

こうなると、ビール販売のキャンペーンで水着のキャンペーンガールを出す効果は薄くなり ます(あるいは、逆効果にもなりえます)。

・グリッドガール(レースクイーンの廃止) 2018年の2月、F1はレースクイーンの廃止を発表しました。女性の権利を主張する団体から廃止を求められたわけではなく、F1が自主的に継続を取りやめました。

ミス・アメリカを決める大会から水着審査がなくなったり、世界的にはキャンペーンガール は反対の方向に進んでいます。

●キャンペーンガールは効果があるのか?
では、キャンペーンガールの効果は薄れてきているのでしょうか?

キャンペーンガールではありませんが、総合格闘技やボクシング・キックボクシングの試合 にはいつもラウンドガールがいます。格闘技の試合の合間の時間は選手にとっては休憩でき る大切な時間ですが、視聴者にとってはそうではありません。
そこで、ラウンドガールは視聴者をチャンネルに留めるために、プレートなどをもってラウンド数を知らせます。

女性からのキャンギャルのイメージ 格闘技の視聴者は、主には男性です。ですから、キレイな女性がたくさんいてもとくにはなんとも思いません。
キャンギャルやレースクイーンが問題になるのは、今現在それほどありません。しかし、女性に対して効果はほぼないと思ってください。

●キャンペーンガールはなくなるか?
F1がグリッドガールの廃止を決定したとき、女性からは賛否の声があがりました。
そもそも、レースクイーンを廃止したからといって、ブランドイメージがあがったり、あるいは下がることもほとんどないはずです。
事実、F1にグリッドガールの廃止を求めていたフェミニスト団体があったわけでもありません。

過去にF1の舞台でレースクイーンを務めていた女性からは、実際に反発の声が上がってい ますし、一般の女性はなにも気にしていません。
「女性をもののように扱う」ことを性差別だと騒いでいる団体はいますが、はっきり言って少数派ですし、政治家でもないので無視はできます。

ただ、企業というのはできるだけリスクを避けながら運営するのが常ですから、実質あって もなくても変わらないグリッドガールを廃止したとしても、それほど不思議ではありませ ん。

では、いつかキャンペーンガールはなくなるのでしょうか?そしてイベントに女性の立ち姿 はなくなるのでしょうか?

おそらく数は減っていくとは思いますが、女性の肌の露出を禁止する法律でも制定されない限り、キャンペーンガールはなくならないでしょう。

事実、キャンペーンガールの仕事は増えており、インターネットを通じてイベントに呼ぶ会社も多くなっています。

●アイドル化の行く末
総合格闘技団体UFCのラウンドガールは、厳選されているので見た目も体もかなりレベルが高いです。
そして視聴者数も多いので、必然的にアイドル化していきます。(明石家さんまさんは、URCのラウンドガールであるアリアニー・セレステさんを、「付 き合いたい有名人」のひとりとして名を挙げています)。

キャンペーンガールやレースクイーンからグラビアモデル・モデルへの転身というのはひとつの王道ですが、UFCのオクタゴンガールはもうすでに有名モデルといっていいでしょう。

野球のチア軍団などは、すでにアイドル化していてCDの販売などもするようになりました。
キャンペーンガールのアイドル化もすでに進行していて、もうそれほど昔のイメージとは変わってきています。
これも、テレビなどのメディアを抜きにツイッターやネットで情報 を手に入れられるようになった恩恵だと言われています。

まとめ
キレイな女性がいると、場の雰囲気が一気に華やかになります。また、キャンペーンガール と言っても、服装やイベント、ポーズや仕事は全て違います。

各々のイベントに合ったキャンペーンガールを企画して、ぜひご利用になってはいかがで しょうか?それほど敷居が高いものではないので、アイデアでどんどん勝負していきましょう。


TintRoomに参加しているモデル一覧はコチラ

パフォーマー・モデル・デザイナー等へのご依頼はTintRoomへ

TintRoomへのお問合せ/仕事の依頼/クリエイター登録など

columnカテゴリの最新記事